ここ数年でサイトへのアクセスはほとんどスマートフォンになった。
サイト作成はパソコンでという人が圧倒的に多い。

作ったサイトがスマートフォンからのアクセスに適しているか?
昔作ったサイトはどう見えるのか?

アフィリエイトでは、紹介販売店のサイトのできまで影響してくる。
変化への対応ができないサイトは、どんどん落ちこぼれていく。

スマートフォンアクセスへの対応は、現在ワードプレスのテーマのレスポンシブ化で楽にできる。
SEOテンプレート【賢威】

iphoneからのアクセスが50%!(2012年12月10日)

11月に作成したクリスマスサイト。
アナリティクスの検索キーを見ながら、投稿数を増やして来ました。
検索されているキーの記事を増やしても?とは思ったのですが、
ワードプレスの投稿も30を超えて、
検索キーはどんどん増えていき100を超えました。

楽天やヤフーや、その他のクリックも毎日目立つようになり、ついに注文も入り出しました。

アドセンスの表示数が一桁のままなので、あまり伸びていないと思っていたのですが、
クリックの数が、表示以上となり、ついに原因調査の腰を上げました。

アナリティクスは、最近は訪問者2桁が常態化していました。
モバイル比率は70%以上でその半分以上がiphone!

埃を被ったアンドロイドタブレットを取り出して、サイトを見てみました。
パソコンより、はるかに早く、綺麗に画像が表示されます。
でも、サイドカラムもアドセンスも表示されていません。
当然、サイドカラムに作った独自メニューも表示されません。
ほとんどが検索キーによるピンポイントのアクセスしかしていません。

モバイル表示のユーザビリティを考慮したページやタグの構成にしないといけないな。
とりあえず、プラグイン設定の見直しと、どう表示されるかの確認です。

予想以上に多いスマートフォンからのアクセス(2012年10月27日)

 ここ数ヶ月で更にスマートフォンからのアクセスが増えた。
 アナリティクスでの集計情報では、すでに30%を超えている。

 パソコンに比べると、まだ収益性に劣る傾向はある。
 
 タブレットからのアクセスでも、パソコンよりも早いくらいに表示される。
 スマートフォン対応していないサイトでも、全体が出るので小さくはなるが、
 アクセスに困る事もない。

 ワードプレスでスマートフォン対応の表示にしたら、 ページの印象が大幅に変わった。
 CSSで、パソコン用に見やすくしていても、ほとんど無視。
 全体がわかりにくくなったので、元の表示に変えた。

 スマートフォン用のアィリエイトバナーというのが有るが、今一歩良くわからない。
 固定した位置で表示されるので、1ページに一つだけ可だとか、
 テキストなのにバナーだとか、
 バナーだけスマートフォン用なのだが、
 ECサイトは、スマートフォンに対応していないとか。

 無料で使えるサイトが有ったが、スマートフォンで見ると嫌な広告が出る。
 スマートフォンバナーで、いつも同じ位置にいて目障りだったので、有料に変えて、広告を消した。
 と、あまりスマートフォン広告に良い印象は無い。

 とりあえず、スマートフォン対応(最適化)など無視していても、アクセスに、あまり影響はないような気もする。