旨い!安い!楽しい!日本のお酒「日本酒」

今お酒が熱い!

世界が注目日本のお酒

和食が世界で注目されているように、日本のお酒も世界で注目されるようになってきました。
外国人のおもてなしにも、日本酒が振舞われたりすることも有るようです。
日本のお酒は高級な白ワインと間違われることも有るとか。

昔の日本酒のイメージは、
 路地裏、屋台、自棄酒、よっぱらい、、

日本酒の高級化、洋風化を進めた結果、
 フルーティな味や香りの大吟醸、
 ワイン風日本酒やスパークリング風日本酒まで人気となっています。

人気の高級酒には、発売してもすぐに売り切れたりプレミアムが付いたりのものも有ります。
高級な日本酒の純米大吟醸でも一部の稀少品を除くと、目が飛び出るような値段でもなく、旨くて、リーゾナブルという評判です。

日本酒のプロ、利酒師が厳選した純米大吟醸セット。


日本酒 ワイングラスで飲む 純米大吟醸 6蔵 飲みくらべセット 大吟醸 お酒 720ml


ヤフーショッピングのベルーナグルメPayPayモール店の 純米大吟醸 一覧

贈答用に向く高級酒

人気の贈答用にも向いている高級酒の獺祭は、
贈って喜ばれる一番人気の酒は獺祭  で

世界にひとつだけのオリジナルギフトを作るなら日本酒ギフト.comへ!

十四代の純米大吟醸

酒の銘酒のコレクションなら、十四代の純米大吟醸

話題の十四代は、なかなか手に入らないプレミア酒です。
値段も飛び切り、こんな日本酒も有るのです。

宮廷で好まれたものをデザインした【十四代】の究極酒、至極の逸品
十四代 純米大吟醸 龍泉



十四代 純米大吟醸 龍泉 大極上諸白 日本酒 720ml


ヤフーショッピングの十四代 純米大吟醸 龍泉 一覧

十四代 本丸 秘伝玉返し 1800m
十四代 大吟醸 黒縄 720ml
十四代 龍の落とし子 純米大吟醸 1800m


ヤフーショッピングの十四代 一覧

(楽天)日本酒 十四代 一覧

越乃寒梅

一時代を築いた越乃寒梅

団塊世代以前の日本酒好きには垂涎の酒だった越乃寒梅 大吟醸 超特選


越乃寒梅 大吟醸 超特選 720ml 石本酒造

淡麗辛口の酒ブームの元祖として知られます。

(ヤフーショッピング)父の日日本酒ギフト 越後銘門酒会の越乃寒梅(こしのかんばい) 石本酒造 一覧

(楽天)日本酒 越乃寒梅 一覧

開運

記念日に贈って喜ばれる負担にならない日本酒

静岡の銘酒として名高い開運ですが、名前からして贈答向きです。
開運の吟醸酒は、誰が飲んでも美味しく感じられると思います。

贈答用なら大吟醸。



開運の最高峰
開運大吟醸 伝・波瀬正吉 720ml 化粧箱入り

お酒好きの人に贈ると喜んで貰えると思います。
あまりに高い高級酒だと負担に感じる人にも、手頃な価格はうれしいチョイスです。
一緒に飲むなら



開運・高天神(純米吟醸) 720ML 特別限定酒

武田、徳川の合戦で有名な高天神城址の湧き水『長命水』を使って造ったお酒という話題性も有ります。


(ヤフーショッピング)開運 日本酒 一覧

(楽天)開運 日本酒 一覧

ふるさとの酒をふるさと納税で手に入れる

昔は、どの町にも造り酒屋が数軒は有りました。
いわゆる土地の地酒です。
ふるさとの酒は、祭りなどでも使われる事もありまだ有ります、がかなり減ってきていました。

今、ふるさとの酒に思わぬ順風が吹いています。
地元の小規模な酒蔵が代替わりをして新発想の酒を作り出した。
インターネットで低コストで少量販売することが出来るようになった。

試しに飲んだスーパーにも売っていない酒が気に入って、ファンになって取り寄せる。
そんなサラリーマンも増えているようです。

ふるさと納税の返礼品にはどの地方でも生産しているふるさとの地酒があります。

日本酒の数はふるさとの数ほど有る。
どの自治体でも扱っているお酒。

ふるさと納税で手に入れる日本酒は?
出身地のお酒、お気に入りの土地のお酒、憧れのお酒、人気のお酒、、

ふるさと納税でお勧めの酒を手に入れる

ふるさと納税の返礼の酒は地元の自慢のお酒。
納税現役のサラリーマンに的を絞った現代的な酒が多く見られる。

ふるさと納税の返礼の酒は意外と旨いと評判の地酒が多い。

ノーベル賞の日本酒福寿も兵庫県神戸市のふるさと納税で手に入る。

どの自治体(山形県や静岡県など)と決めて探すのも手っ取り早く調べる方法だ。


新世代日本酒が旨い いま飲むべき全国の36銘柄 (角川SSC新書)

では若い人にも好まれる酒蔵の所在地がわかる。

酒処の山形県には、
 村山市の有名な十四代醸造元の髙木酒造のお酒が1万円寄付の返礼品になっていた(品切れの時が多い)。
 酒田酒造の上喜元も有る酒田の地酒  

スパークリング日本酒や人気の飲み比べセットも

磯自慢を初め吟醸王国と言われる静岡県のおすすめは、
品質、味など高い評価を得ている蔵元の「掛川地酒3本詰め合わせ」

柔らかな飲み口、花のような吟醸香の土井酒造。
比較的甘口で旨みがギュッと詰まった酒、山中酒造。

・開運 純米吟醸 720ml
・開運 花の香 720ml
・葵天下 純米吟醸 720ml

ネット通販のふるさと納税でお酒が手に入る

ネット通販のふるさと納税で殆どの有名ブランドのお酒が手に入る。

ふるさと納税で大吟醸の飲み比べも楽しい。

さとふるのふるさと納税はヤフーショッピングでも扱われています。

ヤフーショッピングのさとふる ふるさと納税 純米大吟醸 一覧

人気の大吟醸は、 魚沼市 ふるさと納税 【2年連続金賞受賞】純米大吟醸目黒五郎助1800mlと純米吟醸越乃雪蔵1800mlの2本セット  など

通販で楽天を利用しているなら便利な楽天のふるさと納税サイトです。
ふるさと納税の返礼品が、楽天市場のショップと同じように扱われています。

楽天のセールを始め、いろいろな楽天ポイント還元の対象商品になっています。

獺祭も久保田も
楽天のふるさと納税 日本酒 純米大吟醸

人気の返礼品も参考になるだろう。

楽天ふるさと納税で人気の大吟醸 データ取得日時: 2020-10-26 18:05:14 GMT

楽天ウェブサービスセンター

日本酒を購入する上での基礎知識

日本酒と一口に言ってもいろいろな種類が有ります。
用途を間違えると、せっかくの高級酒が台無しになることも有ります。
熱燗は、醸造酒に限ると、大吟醸を熱燗にして懲りて膾を吹いたりしています。

日本酒は、デリケート。
日本酒を美味しく飲むには栓を開けたら、数日以内に飲みきります。
 家庭用や贈答用には、なるべく少量の瓶を選びましょう(720ml)が一般的な日本酒サイズです。

生酒に限らず、家庭に長く置いておくのは良く有りません。
温度変化のあるところや日光に当てると劣化が進みます。
すずしい暗所や冷蔵庫の保管するのが良いでしょう。

特に高級酒は、味が劣化してしまっては何の為の高級酒かわからなくなってしまいます。
クール宅急便での配送が必須という人もいます。

違いを感じるには、飲み比べセットが便利です。
あさ開のいろいろなタイプの飲み比べセットは、種類ごとに推奨の飲み方のパンフレットが付いています。
一回飲み切りサイズなのも個人的にはうれしい。

購入する時にも純米大吟醸とか大吟醸とか形容が付いていますので、最低限知っておきたい事があります。

日本酒のラベル表示項目の意味

日本酒の表示項目に、名称、容量、度数、原料米、精米歩合などが書かれているのを見たことが有るだろう。
容量やアルコール度数はともかく、他の項目はどういう事なのだろうか、

例えば 醸し人九平次 別誂 純米大吟醸 720mlに、書かれていたのは

【特定名称】純米大吟醸
【容量】  720ml
【ALC度数】16から17
【原料米】  山田錦
【精米歩合】 35%

酒用の米というものが有る、代表的な米は「山田錦」
酒米は割れると使えないので、磨きに強い芯が大きい酒米専用の品種になる。
どんどん磨いて行って残った割合が精米歩合になる。

要件を満たしていれば表示できる特定名称
条件が一番きつい純米大吟醸は、
 原材料 米・麹で精米歩合50%以下、麹米使用割合15%以上

原材料に、醸造アルコールが入ると純米表示が無くなり 大吟醸とか本醸造とかになる。
精米歩合の程度により、大吟醸、吟醸、特別純米(特別本醸造)、純米(本醸造)と変わってゆく。

特定名称が付いている日本酒は30%強で、付いていない方が圧倒的に多い。
紙パックの酒やコップ酒などの従来からの酒は、特定名称が付かない清酒がほとんどです。

ネット販売で酒屋さんが販売しているのは、有名な特定名称の酒が多く、
ネットスーパーなどで販売されているのは、大手酒造の特定名称の付かない酒が多いようです。

精米歩合を下げてゆくと、純粋になりフルーティな味になるものが多いようです。
大吟醸に澄み切ったフルーティな味のものが多い事になります。

条件が厳しくなると、作るのにコストがかかるようになり一般的に価格が高くなります。
純米大吟醸が通常一番高い酒ということになります。

製法や蔵、味の好みなどもあり、高い純米大吟醸だから旨いというわけではありません。

精米歩合50%以下で大吟醸ですから、多くの(純米)大吟醸は精米歩合50%を基準にしています。

各酒造のフラグシップとして、技術的にも難しく、時間もコストも掛かる、大吟醸基準をはるかに越えて精米した大吟醸も多く見られます。

どこで買えるの日本のお酒

水やお米と並んで重くて種類の多い日本酒の地酒はネット購入に向いた商品です。
スーパーやセールなどでいつもの格安な日本酒を購入できるかもしれませんが、
地酒の専門店の薀蓄を信頼するのが手っ取り早く 旨い!安い!楽しい!酒を手に入れる早道です。

話題の日本酒販売情報のコーナーでは、お勧めの日本酒の話題と、どこで購入できるのかを紹介します。